基調講演 6 東 良和 Yoshikazu Tony Higashi

■英語

My WUB memories as a Network president

          Yoshikazu TONY Higashi
          WUB Okinawa and OTS

In August 2014, I was nominated at the 18th WUB Network International Conference held in Lima, Peru and served as WUB Network President for 2 years from January 2015.
In August 2015, WUB Network Conference and Executive Board Meeting were held in Atlanta in conjunction with the 30th anniversary of the establishment of the Atlanta Okinawa Kenjinkai. Mr. Robert Nakasone, Founder of WUB, Mr. Morimasa Goya, Mr. Taizo Makishi, Mr. Oscar Tameyasu Nagamine, Mr. Kenji Oshiro (WUB Brazil President), Mr. Atsushi Shibazaki (WUB Taiwan President) and Argentina, Peru, North America, Taiwan, Tokyo, Osaka, Okinawa members attended and also held "Uchinanchu Talk Story" workshop. This Atlanta visit maybe led to the launch of WUB Atlanta.
In addition, Miss Mary Nakada (WUB Peru President) participated in the Board Meeting on Skype. It was impressive in terms of generation change and ICT utilization.
In October 2016, the 6th Worldwide Uchinanchu Festival was held, many WUB members gathered in Okinawa from around the world and the 20th WUB Network Conference was also held. The next president was unanimously decided to Steve Sombrero of Hawaii.
During the Festival, "International Uchinanchu Ancestor Symposium - UKAJI DEEBIRU -" was held at the Okinawa Prefecture Museum.
In addition, we have decided to develop a free smartphone application called "WUBpedia" that you can see at a glance the history of immigrants in Okinawa Prefecture. It is a handy tool that makes it easy to search the history of the immigrant chronology and prefectural association on mobile terminals. A fulfilling immigration section can be created in the newly completed prefectural library. There are also a lot of materials at the University of the Ryukyus, and I would like to collaborate with such institutions as well to make WUBpedia project successful.
At last, During WUB Network President, Ms. Mariko Kuniyoshi (WUB Tokyo) and Mr. Katsunori Asato (Former WUB Okinawa President) supported me strongly. I would sincerely like to thank all the Chapter members. Mi Fai Yu! (In Ishigaki dialect)

■日本語

WUBネットワーク会長の想い出

          WUB沖縄   東 良和
          沖縄ツーリスト株式会社

2014年8月、ペルー・リマで開催された第18回WUB世界大会の理事会で指名を受け2015年から2年間、WUBネットワーク会長を務めました。
2015年にはWUB世界大会・理事会が米アトランタ(8月)で、アトランタ沖縄県人会設立30周年記念に併せて開催されました。アトランタにはロバート仲宗根創設者、歴代会長の呉屋守将氏、牧志泰三氏、長嶺爲泰氏、また、大城ケンジWUBブラジル会長、柴嵜WUB台湾会長をはじめ、アルゼンチン、ペルー、北米、台湾、東京、大阪、沖縄のメンバーとアトランタ県系人と一緒に「ウチナーンチュ Talk Story」を開催しました。このアトランタ訪問がWUBアトランタの発足に繋がったと思うととても嬉しいです。
また、南米の若手県系人の育成のためにWUBによって創設されたハワイ東西センターへの奨学金制度で留学をしたペルーのMary NakadaさんもWUBペルーの会長としてSkypeで理事会に参加したことが世代交代とICTの活用という意味で印象的でした。
2016年10月には第6回の世界のウチナーンチュ大会が開催され世界中から多くのWUBの会員が沖縄へ集結し、第20回WUB世界大会が開催されました。次期会長もハワイのスティーブ・ソンブレロさんに満場一致で決まりました。
同大会の公式イベントとしてWUBは県立博物館において「International Uchinanchu Ancestor Symposium ? UKAJI DEEBIRU -」というテーマで、移民の歴史についての講演会および各国移民の課題や情報交換のためのシンポジウムを開催しました。
また、沖縄県の移民の歴史が一目でわかる【WUBpedia】という無料スマホアプリの開発が決まりました。携帯端末で、移民年表や県人会の歴史を簡単に検索できる便利なツールになります。新しく完成する県立図書館にも充実した移民コーナーができます。琉球大学にも多くの資料があり、このような機関とも連携し【WUBpedia】プロジェクトを成功させたいと思います。当事業は、会員から出資を募り【株式会社WUBpedia】という会社で運営する会員協働のビジネスモデルを目指します。各支部の皆さんもぜひ前向きに出資を検討してください。日本語、英語、ポルトガル語、スペイン語で検索できる【WUBpedia】が、世界のウチナーンチュをさらに強力に結びつけるツールになることは間違いありません。
WUBネットワーク会長在職中、私を支えてくれた事務局長の国吉真理子さん(WUB東京)とWUB沖縄の安里会長ほか、事務局の皆さん、世界各地の支部の皆さんに心から感謝を申し上げます。みーふぁいゆー!(八重山方言)

プレゼンテーション presentation
12.8:200:150:0:0:presentation-w200:left:0:0::0:

— posted by admin at 10:50 pm  

Created in 0.0045 sec.


prev
2017.9
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30